全ての写真

更新履歴
NEW PAGE

筑紫野市歴史資料館

小郡市埋蔵文化財調査センター
吉井歴史民俗資料館

大野城心のふるさと館

福岡市埋蔵文化財センター
王塚装飾古墳館
志摩歴史資料館
菜畑遺跡
新町遺跡
新宮歴史資料館
海の道むなかた館
水巻町長歴史資料館
北九州市立埋蔵文化財センター
発掘された日本列島
2021

発掘された日本列島2020
長野県立歴史館特別展
相川郷土博物館
佐渡博物館
新穂歴史民俗資料館
新潟市文化財センター
弥生の丘展示館
新潟県埋蔵文化財センター
阿賀町郷土資料館
縄文の里・朝日 奥三面歴史交流館
野尻湖ナウマンゾウ博物館
牧歴史民俗資料館
片貝縄文資料館
窯蓋遺跡ガイダンス

十日町市博物館
南魚沼市市民会館展示室
なじょもん 津南町農と縄文の体験実習館

津南町歴史民俗資料館
馬高縄文館2
藤橋歴史の広場
長岡市立科学博物館
赤磐市山陽郷土館
小牧野遺跡
田舎館村埋蔵文化財センター
つがる市森田歴史民俗資料館
つがる市縄文住居展示資料館(カルコ)
亀ヶ岡考古資料室
中泊町博物館
大山ふるさと資料館

野辺地町立歴史民俗資料館
六ケ所村郷土館
三沢市歴史民俗資料館
東北町歴史民俗資料館
北部九州旅行
兵庫考古博物館
壱岐の古代文化

十和田市郷土館
兵庫考古博物館 '19春の特別展
おいらせ阿光坊古墳館
青森旅行
兵庫県立考古博物館
八戸市立博物館
東京国立博物館 常設展2
発掘された日本列島2019
鳥取県埋蔵文化財センター
八雲立つ風土記の丘資料館
出雲玉作資料館
島根県埋蔵文化財センタ―
福市考古資料館
米子市埋蔵文化財センター
上淀白鳳の丘展示館
妻木晩田遺跡
(妻木晩田史跡公園)
善通寺市立郷土館

詫間町民俗資料館・考古館
詫間町民俗資料館・考古館
奈良万葉文化館
東京国立博物館常設展
徳島県立博物館
飛鳥資料館
明日香村埋蔵文化財展示館
大山・鹿島歴史民俗資料館
歴史に憩う橿原市博物館
徳島県立考古資料館
徳島県埋蔵文化財総合センター
さぬき市歴史民俗資料館
福山草戸千軒ミュージアム復元施設
広島県立歴史博物館(福山市)
岐阜市歴史博物館
浅間縄文ミュージアム2
長野県の遺跡発掘2018平出博物館
橿原考古学研究所付属博物館3
橿原考古学研究所付属博物館2
橿原考古学研究所付属博物館1
石川県埋蔵文化財センター沖縄写真通信
いしかわ歴史発掘
金沢縄文ワールド
発掘された日本列島2018石川会場
長野市立博物館
南アルプス市ふるさと文化伝承館
長野県立歴史館
 常設展2

長野県立歴史館
 常設展1

長野県立歴史館
 特別展

平出博物館
松本市考古博物館2

松本市考古博物館1
安城市歴史博物館3
安城市歴史博沖縄写真通信物館2

安城市歴史博物館1
浅間縄文ミュージアム2
浅間縄文ミュージアム1
小海町郷土資料館
川上村文化センター
南牧村美術民俗資料館
北杜市考古資料館2

北杜市考古資料館1
鷹山黒曜石体験ミュージアム
智頭枕田遺跡・智頭町歴史資料館
長和町原始・古代ロマン体験館
岡谷美術考古館
箕輪町郷土博物館
伊那市考古資料館
伊那市創造館
中川村歴史民俗資料館
駒ケ根市立博物館
松川町資料館
高森町歴史民俗資料館
豊丘村歴史民俗資料館
喬木村歴史民俗資料館
発掘された日本列島2017三重会場
三重県総合博物館2
上郷考古博物館

宮田村文化会館
飯島町陣嶺館
大鹿村中央構造線博物館
2017博物館紀行
信州の縄文
会津只見考古館
金山町歴史民俗資料館
やないづ縄文館
福島県立博物館2
福島県立博物館1
じょーもぴあ宮畑
伊勢堂岱縄文館
秋田県立博物館
由利本荘市修身館
秋田県埋蔵文化財センター
山形県立博物館
山形県埋蔵文化財センター

長井市古代の丘資料館
高畠町郷土資料館
北海道立北方民族博物館Part1part2
part3part4
二風谷アイヌ文化博物館
白老アイヌ民族博物館
函館市北方民族資料館
大津市歴史博物館2
発掘された日本'16
土井ヶ浜・人類学ミュージアム
下関市立考古博物館
山口市の考古資料館
出雲弥生の森博物館
神辺歴史民俗資料館
しんいち歴史民俗博物館
帝釈峡博物展示施設時悠館
東北地方の縄文
神石高原町立歴史民俗資料館
みよし風土記の丘
岡山市埋蔵文化財センター
古代出雲歴史博物館2
古代出雲歴史博物館1
総社市埋蔵文化財学習の館
青谷上寺地遺跡展示館
鳥取県埋文青谷調査室
富山県埋蔵文化財センター2
能美市立博物館
砺波市埋蔵文化財センター
南砺市埋蔵文化財センター
氷見市立博物館
上宝村ふるさと歴史館
飛騨民族考古館
蒜山郷土博物館
鏡野郷土博物館
笠岡市立郷土館
倉敷考古館
岡山県立博物館3
岡山県立博物館2
岡山県立博物館1
古代吉備文化財センター
村岡民俗資料館
豊岡市歴史博物館
岡山の縄文
朝来市埋蔵文化財センター

東近江市埋蔵文化財センター
琵琶湖博物館
丹後古代の里資料館

京都市考古資料館
高千穂町歴史民俗資料館
高千穂紀行
宮崎県埋蔵文化財センター
西都原考古博物館
西都原古墳群
南宮崎ドライブ
南の縄文2
西日本の縄文
2014北陸の縄文旅
塚原遺跡公園展示館

久々野歴史民俗資料館・堂之上遺跡
富山市民俗民芸村 考古資料館
立山町埋蔵文化財センター
弓の里歴史文化館
北代縄文広場
富山県埋蔵文化財センター
魚津歴史民俗博物館郷土館
朝日不動堂まいぶんKAN
寺地遺跡
長者ヶ原考古館
小矢部ふるさと歴史館
桜町JOMONパーク
チカモリ遺跡・御経塚遺跡
真脇遺跡縄文館
立山黒部アルペンルート
黒部峡谷と欅平
五箇山・白川郷
金沢市内観光
2014南の縄文
宮崎県総合博物館
屋久島環境文化村センター
屋久島周遊
屋久杉自然館
屋久島町歴史民俗資料館
中種子町立歴史民俗資料館
種子島ドライブ
開聞岳周辺ドライブ
指宿市考古時遊館Coccoはしむれ
鹿児島市立ふるさと考古歴史館
ガンガラーの谷
上野原縄文の森
沖縄県立埋蔵文化財センター
2013北の縄文
網走市立郷土博物館
モヨロ貝塚館
北海道開拓記念館
北海道立埋蔵文化財センター
小樽市総合博物館運河館
赤レンガ庁舎
千歳市埋蔵文化財センター
恵庭市郷土資料館
沙流川歴史館
北小金貝塚
北陸の縄文
入江・高砂貝塚館
函館博物館
函館 大船遺跡
函館市縄文文化交流センター
三内丸山遺跡
青森森林博物館
是川縄文館
南の縄文旅行記
御所野遺跡
大湯環状列石
岩手県立博物館
東北歴史博物館
縄文
国立歴史民俗博物館
最古の漆と文化
2013中部地方の縄文
新潟県立 歴史博物館2
山梨県立考古博物館
釈迦堂遺跡博物館
北の縄文1
井戸尻考古館
八ヶ岳美術館
尖石縄文考古館
北相木村考古博物館
諏訪神社と神長官守矢史料館
森将軍塚古墳
長野県立歴史館
八ヶ岳と縄文文化
野尻湖ナウマンゾウ博物館
十日町市博物館
馬高縄文館
新潟県立歴史博物館
縄文を旅する1
2013吉野ヶ里遺跡
吉野ケ里遺跡
吉野ヶ里歴史公園



2012台湾特集

台湾史前文化博物館
知本温泉と卑南族
ブヌン観光農場


2012台湾特集

台湾の空港での
犯罪危険情報


台湾土産アクセサリー
台湾土産おもちゃ
台湾土産食品
台湾土産原住民
陽明山・野柳
新北投・淡水・士林
国立台湾博物館
原住民博物館
ドールハウス博物館
袖珍博物館
烏来温泉
花蓮・太魯閣

2012紀伊半島
 伊勢神宮
 那智勝浦
 串本
 白浜

2011台湾特集
高雄
阿里山公路から嘉義・台南
阿里山
日月潭と国道21
九族文化村
台北
平渓線沿線の旅
九分と金瓜石

沖縄特集
海底遺跡の旅
 2与那国島ドライブ
 1与那国民俗資料館

 那覇散策
 那覇新都心
 沖縄青の洞窟
 歳末の那覇
 アメリカフェスト3
 アメリカフェスト1
 アメリカフェスタ2
 美ら海水族館
 モーターパラグライダー
 パラセーリング

信州特集
 安曇野 わさび 碌山
 上高地ウエストン

瀬戸内地方特集
 倉敷美観地区

ケアンズ
 パロネラパーク
 アサートン高原
 アボリジニアート
 キュランダ鉄道
 グリーン島


台湾の街風景

京都・奈良特集
 嵐山錦秋2
 嵐山錦秋
 町家 京町家
 三千院
 金閣寺
 法隆寺
 東寺広隆寺木屋町
 紅葉の天橋立
 竜安寺
 祇園祭


北海道特集
 トラピスト修道院・
 トラピスチヌ修道院・
 男爵資料館

 函館山の夜景
 富良野・美瑛町

紅葉特集
 白馬残照
 八方尾根を飛ぶ(1)
 八方尾根を飛ぶ(2)

久米島 ファィル

宮古島特集
 宮古島一周(2)
 宮古島一周(1)
 宮古島で
  出会った人々

島根特集
 松江
  松江城堀めぐり
  小泉八雲旧居

宮島・厳島神社

和倉温泉・兼六園
高山・白川郷
 屋台会館
 高山の朝市
 上三之町
 白川郷

神戸特集
 ベイエリア
 風見鶏の館
 うろこの館
 異人館の花嫁

九州特集
 長崎
  グラバー園


全ての写真・動画


沖縄情報
 沖縄お役立ち情報
パソコン情報

 チャット
 あぷろだ

 圧縮解凍講座
 サイトマップ

 PCお役立ち情報1
 PCお役立ち情報2
 ホームページ簡単作成

 LINK 掲示板
この頁は、沖縄を支援するHPです。
沖縄の自然・風景・文物などを、多くの人々の協力により、写真で紹介しています。
タイトル 沖縄写真通信にふさわしい写真を募集しています。
'22.11.21 感謝450,000access yuko_okinawa@hotmail.com HPは2030.08.21まで有効
22.04.20 感謝440,000 21.09.02 感謝430,000 '20.12.29 感謝420,000 '20.06.21 感謝410,000
 11/18(金) 今回記事「筑紫野市歴史資料館」  前回記事「小郡市埋蔵文化財調査センター

 11/23(水)
  11/21(月)には45万アクセスありがとうございました。
  七か月間で延べ1万人ものアクセスをいただきました。大変感謝しております。
  現在は北海道の博物館、なんと総数67館もの資料をいただき、写真を編集しながら勉強させていただいています。
  ありがたいことです。
  自分勝手でしている活動が、ボケ防止に役立ち、閉じこもりにならず、勉強する楽しみ、新しい知識を得る喜びになっています。
  これからもよろしくアクセスの程、お願い申し上げます。

  先日の人間ドックは、昔の人間ドックのメニューが多く、聴力や視力など、今ではしない検査がありました。
  採血はやはりありましたが、腫瘍マーカーなどはオプションすらなく、驚きましたが、
  最も驚いたのは腹部エコー検査ですね。脂肪が邪魔して何にも見えませんでした。
  あるはずの腎臓結石も、胆のうを切除した後のステンレスクリップで止めた胆管も、
  以前は見えたものが何にも見えなかった。
  内臓脂肪が猛烈に増加したようです。
  北海道の帰りの一日一食で体重が5kg減った時にエコー検査していればよかったかも。

  1.6万円のオプションで行った胃のファイバーはよく見えたが、
  来年は、もう1.6万円出してオプションの腹部CTに変更しないと病巣の発見ができず、
  ただ単に、金を払うだけになると、わかりました。

  7月に小学生の夏休みの楽しみにと始めた、他人の庭を掘り返して畑を3畝作った件です。
  7月に植えたミニトマト類、なすび、シシトウが、特にミニトマトは今になって鈴なりになっています。
  9月にキュウリの後に植えた水菜・白菜・法蓮草はとても大きくなって間引き菜になっています。
  しかし、10月中旬にハンギングバスケットに植えたいちごは、全く成長なし。
  僅かに花が咲いても実もならず、7000円も掛けたのに、全く面白くない結果になりました。
  半分ほど、土を入れ替えて見ようと思っています。

  何分にもこれは私の気晴らし、遊びなので、7千円分イチゴを買ったらゲが出るほど食べられる。
  無駄を知りつつやっています。
  残るひと畝は、子供がネットを外してほったらかしにしていたために、根切り虫・芯くい虫にやられ、
  菜っ葉は消え、間に植えておいたジャガイモが生えています。しかし、全く成長しないのです。
  7月のトマト類と同じです。本来11~12月に収穫するジャガイモですが、来年の春まで放置です。

  庭の土はカチカチで、支柱もタガネで土に穴を開けないと立ちません。そこで
  建築材(この家は10年前に新築)を調べてみると、基礎の周囲の土砂を固めるために
  セメント入りの材料を流して地盤を安定させる建材がありました。これが大量に散布されたようです。
  つまり、畑の土は強アルカリで、かなり深くまで固まっていて、畑を作るのは無理な土壌でした。

  しかし、それが原因で普通なら9月には枯れてしまうトマトが、よく保存され、
  今まさに真夏のように花が咲き誇り、トマトは鈴なりとなっています。

  今、私のベランダにエンドウの種を100粒蒔いています。
  来年の春に向けてこれを育て、さやえんどうの卵とじを食べるのが最後の目的です。
  これが食べられたら、もう後は園芸をやめるつもりです。
  畑は元の草ばやしにかえします。
  

次回更新 2022 12/02(金)を予定しています。
ページの写真や文章がコピーしにくい時は写真は無料ソフト「撮っ太郎」を使うとコピーできます。
文章は、マウスで選択し「メモ帳」にドロップでコピーできます。 
 スマホでは、ページ本体が最も下にあります。





 北部九州の縄文 №16  2020.11.14-4

  ふるさと館ちくしの
  筑紫野市歴史博物館 福岡県筑紫野市二日市南1丁目9−1
   092-922-1911 :月休・撮影可

交通 JR鹿児島本線「二日市」駅下車、徒歩10分
      レンタカー
  備考  
 
 



01外観
100縄文時代
110早期
113前期
115中期
117後期
119晩期

130弥生時代
132弥生のくらし
133峰畑遺跡
134立明寺遺跡
139平塚川添遺跡

140原始
141弥生時代
142甕棺

151縄文人と弥生人
152半島系人骨
153半島系無文土器
154金属製品
155農耕具
156鋳造
157貝輪
158半島系人骨(男性)
159半島系人骨(女性)
貝輪・青銅器・鏡
161貝輪(左腕)

170埋葬祭祀
171甕棺墓
173墓前共献土器
175銅矛
180東アジアの勢力図
185銅戈・銅鏡

200弥生土器から土師器へ
204須恵器

210古墳時代
21三角縁神獣鏡
215前方後円墳の分布
217古墳前期の土器
220筑紫野市周辺の首長墓
224副葬品
230前方後円墳の終焉
240古墳時代の武人

250古代
252大宰府の守り
255都を思う万葉歌
260大宰府の条坊制
270各地の文物の通過点
273大陸系陶器


280古代から中世の文化
281中世文化
285渡来銭

300中世
301瓦質祠
305待島の合戦

320近世
326参勤交代図
330長崎街道
 
 
 01外観
ふるさと館ちくしの 常設展示室入口
 


 100縄文時代 約1万年前~約2500年前

それまでになかった土器や弓矢を使い、食料となる植物の管理や後には農耕を行った時代です。

 110早期
縄文展示室 縄文早期土器 縄文早期土器(複製)
早水台式土器 原遺跡
そうずだいしき
九州歴史資料館
縄文時代の石器 石鏃 石槍
 113前期
縄文前期土器
曽畑式土器(複製)
縄文前期土器 縄文前期
轟B式土器
轟B式土器 轟式・曽畑式土器は半島からの移住民の土器である。
彼らはやがて南島にまで拡散し、沖縄島で縄文人と混血しました。
芦屋町の
前期土器・石器

芦屋町歴史民俗資料館
縄文前期石器 石鏃 石匙(縦形と横型)
横型は西日本型
縦型は東日本型
 115中期
縄文中期土器
阿高式土器
阿高式土器 縄文中期石器 石鏃

縄文中期の石鏃
 117後期
 119晩期
 
 


 130弥生時代 約2500年から約1700年前

水田による稲作や、鉄や青銅器の道具を使う時代です。

 131

 132弥生のくらし

 133峰畑遺跡 約2100年前 弥生中期 (キャプションなし)

 134立明寺遺跡出土土器 約1900年前 弥生後期 (キャプションなし)
 135
土製円盤
弥生中期/大島遺跡土器片を利用した円盤状の土製品
紡錘車
弥生中期
隅・西小田遺跡
糸を紡ぐ道具、弾み車
投弾
弥生中期
隅・西小田遺跡
狩猟や戦闘に使う投げ玉
砥石 弥生中期
隅・西小田遺跡
 136石斧
太型蛤刃石斧
弥生中期
隅・西小田遺跡

伐採に用いる大型石斧
石斧
弥生中期
隅・西小田遺跡
伐採や木工に用いる石斧
石斧 玦入柱状片刃石斧
 137石器
小型方柱状片刃石斧
弥生中期
隅・西小田遺跡

木材加工などノミのように用いた石斧
扁平片刃石斧
弥生中期
隅・西小田遺跡

木材加工用の石斧
錐器(すいき)
弥生中期
隅・西小田遺跡

穴あけ道具
削器(さっき)
弥生中期
隅・西小田遺跡

削り具やナイフとして使用
石包丁
弥生中期
隅・西小田遺跡

稲の穂摘み具
 138炭化物
炭化米
弥生中期
隅・西小田遺跡
炭化種実 炭化したドングリ
弥生中期
剣塚遺跡
炭化したアオキ
弥生中期
峰畑遺跡

 139平塚川添遺跡 写真提供 朝倉市教委
 


 140原始



 141弥生時代
原始
稲作農耕 調理 農耕 稲刈り
 142甕棺 ※下にこの甕棺の被葬者の人骨あり
隅・西小田地区遺跡
109号甕棺出土状況
弥生時代中期

甕棺第109号
弥生時代の首長墓
被葬者は40歳代の男性
甕棺(第109号)
国指定重要文化財
弥生の首長墓40代男
西尾田遺跡群第3
弥生中期
 
 
 
 
 150

 151縄文人と弥生人
日本人の体型のルーツは縄文人と言われていますが、弥生時代に大きな変化を遂げ、その後に形づくられたと考えられています。

縄文人と弥生人 体型の違い 頭骨・顔面の違い


 鉾之記 江戸時代に発見された首長墓の記録

 152半島系人骨
私たちが生きていた頃、現在の中国大陸や朝鮮半島と呼ばれている地域から戦を逃れ、また新天地を求めて、
多くの仲間が海を渡ってこの地にやってきました。

半島系人骨 隅・西小田地区遺跡群
第10地点180号甕棺
性別:男
 153半島系無文土器
半島系無文土器
 154金属製品
銅鏃 ヤリガンナ 鉇(ヤリガンナ)
弥生中期峰畑遺跡
 木材の表面を平坦に仕上げる
青銅製の道具
銅鏃
弥生時代
隅・西小田遺跡
青銅製やじり
 155農耕具
弥生農耕 農耕具 石包丁
弥生中期
隈・西小田遺跡

稲の穂摘み具
石鎌
弥生後期
隈・西小田遺跡
鉄鎌
弥生後期
隈・西小田遺跡
一方の端を折り曲げ、柄に挟んで使用する
鉄斧
弥生中期/大島遺跡
鋤先
弥生中期/大島遺跡
木製鋤の先端につけた鉄製刃先
 156鋳造
鋳造図
青銅製品鋳造関連 銅戈鋳型
弥生中期
伝・永岡出土
銅鉾の鋳型
弥生中期
隈・西小田遺跡
鉇(やりがんな)
弥生後期/矢倉遺跡
木材の表面を平坦に仕上げる道具

ただし、青銅製品
鉄製に比べて柔らかい
銅剣
弥生中期前半
隈・西小田遺跡
第109号甕棺副葬品
銅剣
 157貝輪
ゴホウラ貝製貝輪
隈・西小田遺跡
第109号甕棺副葬
 副葬品とされているが、被葬者の腕に通してあったのではないだろうか。
 上の甕棺の男性が身に着けていた。

 158半島系人骨 (男性)
人も多くなり、新しい村も、あちらこちらにできました。 農業も進み、連携する村々も現れました。 
一方では争いも起こり、戦も激しさを増して行きました。
そんな中、新しい指導者のもとでいくつかのクニグニにまとまって行きました。

隈・西小田地区遺跡
第2地点540号甕棺
性別男


 石製品
 磨製石剣
弥生時代
隈・西小田遺跡
 
       
打製石鏃
弥生時代
隈・西小田遺跡
磨製石鏃
弥生時代
隈・西小田遺跡
石戈
石で銅戈を模したもの

 159貝輪 (女性)
くらしの重要なことは、占いで決められ、いろいろな儀式が 行われていました。
特にクニの首長は、司祭者の剣や矛、戈を使った儀式を受けて、村々を治めていました。(※司祭者が支配者に統治権を与えたか、司祭者に命じたか。)

隈・西小田地区遺跡
第10地点310号甕棺
性別女

ゴホウラ貝製の腕輪で
「立岩型」です。
貝輪(右腕)
隈・西小田地区遺跡
第13地点23号甕棺
鉄剣
隈・西小田遺跡群
弥生中期後半
第13地点23号甕棺
鉄戈
隈・西小田遺跡群
弥生中期後半
第13地点23号甕棺

戈は、長い柄を直角方向に装着して用いる武器です。
重圏「昭明」銘鏡
弥生中期後半
隈・西小田地区遺跡
第13地点23号甕棺
前漢時代の
前帝(BC74~49)、
元帝(BC49~33)時代の鏡と考えられ、
甕棺の埋葬年代の上限を知るうえで重要です。
 
 161貝輪(左腕)
隈・西小田遺跡群
弥生中期後半
第13地点23号甕棺
出土状況
ゴホウラ貝製「立岩型」
貝輪(左腕)
隈・西小田遺跡群
弥生中期後半
第13地点23号甕棺
ゴホウラ貝 沖縄以南の海に生息する貝
 

 170埋葬祭祀

 171甕棺墓
甕棺墓は弥生時代の北部九州を代表する墓制です。遺体の手足を折り曲げて下甕に納め、さらにもう一つの甕で蓋をした合口甕棺が多く見られます。
中期も終り頃になると一つの甕に石や板で蓋をした単式甕棺がふえ、新たに笠形の蓋専用土器も考案されました。

甕棺墓
甕棺(第23号)
隈・西小田遺跡群
弥生中期後半
第13地点23号甕棺

被葬者:30代男性
甕棺(第23号)
隈・西小田遺跡群
弥生中期後半
第13地点23号甕棺
被葬者:30代男性

 173墓前共献土器
 祭祀土器
弥生時代の井戸や溝、墓地など、いろいろな場所から祭に使った土器が発見されます。
その多くは、土器の表面に丹と呼ばれる赤色の顔料が塗られています。

※筒形器台
筒形器台は墓地の入口付近に建てられているものである。何らかの役割を果たしていたと考えられる。

祭祀土器
隈・西小田遺跡群
弥生中期末-後期初頭
第7地点出土
 
祭祀土器23本の一括埋納銅戈と共に発見された。  祭祀土器  筒形器台※
 
   
蓋付き土器は乳幼児用甕棺のような気がするが、
土器内部の検査でタンパク質やカルシウムが残存していなかったのだろうか

 175銅矛 隈・西小田遺跡群第7地点出土 弥生中期末~後期初頭
一括埋納された23ほんの中細形銅戈。戈は、本来は武器ですが、この銅戈は祭祀を目的に作られたと思われます。

銅戈 銅矛
国指定重文
 

 180東アジアの勢力図
 181東アジアの勢力図
弥生時代から古墳時代にかけて、東アジアは動乱の時期にありました。日本もその中で外交を繰り広げ、また戦争にも加わって行きました。

東アジアの勢力図 中国戦国時代小国の勃興 前漢・衛氏朝鮮・匈奴
巨大帝国の出現
中国三国時代、三韓時代 北魏・宋・柔然
高句麗・百済・新羅・任那(加羅)
唐・新羅・渤海
大帝国唐による
東アジア支配

 185銅製品
 銅戈 隈・西小田遺跡群第7地点出土 弥生時代中期末~後期初頭
一括埋納された23本の中細形銅戈。
茎に鹿の絵が陽刻されているものがあり、最初から祭器とすることを目的として製作されたことを示しています。

銅戈 銅戈
国指定重文

 道鏡
「長宜子孫」銘鏡
弥生後期
御笠地区遺跡
倣製鏡
弥生後期
御笠地区遺跡G地区
倣製鏡
弥生後期
隅・西小田遺跡第10地点5号墳
倣製鏡
弥生後期 日焼遺跡
 

 200弥生土器から土師器へ
弥生式土器は5~10mmの厚みを持っていましたが、古墳時代には近畿からの影響を受けた薄い土器が急速に普及してきました。
 201弥生式土器
弥生式土器から土師器
 202土師器
弥生式土器を受け継ぐ素焼きの土器で、器や煮炊きなどの日常生活に欠くことのできない土器でしたが、須恵器が登場すると祭以外は使われなくなりました。

弥生式土器から土師器
重複
土師器の出土 土師器
 204須恵器 特徴:ロクロ成形、あな窯焼成
今から1600年程前に朝鮮半島から伝わりました。形を作るためにロクロを用い、登り窯で焼く技術によって、均整が取れた堅い土器になりました。

 206


台付壺
はそう(脚付・有蓋)
高坏(把手付)
 207
蓋坏・坏身 器台
 
 


 210古墳時代

 211
三角縁神獣鏡はヤマトから各地の有力首長に配られ、さらに有力首長から地域の首長へ配られたと考えられます。
九州では、瀬戸内海の西端にあたる大分県宇佐市の赤塚古墳から5面、関門の出入口にあたる福岡県苅田町の石塚山古墳から7面以上
福岡平野と九州内陸部への交通の要衝にあたる筑紫野市の原口古墳から3面が出土しています。
筑紫野市一帯(旧筑前国)では、14の古墳から三角縁神獣鏡が出土していますが、原口古墳のほかは、いずれも1面または破片の出土です。

三角縁神獣鏡の分布 三角縁神獣鏡の分布
九州地方
博多湾周辺 中四国・近畿 畿内地域 東海地方 北陸地方
 213三角縁神獣鏡 同笵鏡 原口古墳 (筑紫野市武蔵)
三角縁神獣鏡
東京国立博物館所蔵

 原口古墳出土の三角縁神獣鏡

 
 215前方後円墳の分布
前方後円墳は、墓という役割のほかに儀式を行う場所として形作られたものです。
前方後円墳が造られた広がりを見ると、全国の有力な首長のまつりが一定のルールのもとに広い範囲で行われていたことが判ります。
前方後円墳が築かれた範囲の有力首長は、共通の墓の形や墓前で権力を継承する儀式を持つことになりました。
こうした有力首長をはじめとする諸集団の広い範囲での結合は、かつてない出来事でした。

前方後円墳の分布 前方後円墳の分布 北部九州と周辺地域 北部九州
原口古墳 中四国・難波 瀬戸内沿岸 畿内
箸墓古墳墳丘模型
5段築成
5段築盛なんて
普通じゃ考えられない。
 
 217古墳前期の土器 筑紫野市御笠地区
小型丸底壺
古墳前期
御笠地区遺跡

古墳前期
御笠地区遺跡
 218
器台
古墳前期
御笠地区遺跡
器台 古墳前期
御笠地区遺跡
二重口縁壺
古墳前期
御笠地区遺跡
長頸壺
古墳前期
御笠地区遺跡
 
 220筑紫野市周辺の首長墓
有力首長が前方後円墳を築き始めた頃に造られた中小の首長の墓が、筑紫野市周辺でも発見されています。
前方後円(方)墳や円墳もありますが、方墳と呼ばれる台状の形をしたものが大半を占めます。
古墳の形や古墳群の形成、また、埋葬施設、副葬品などから、見渡せる程度の平野を統治範囲とした首長、
複数の小集団を統治した首長、さらに上位の有力首長に準ずる地位を持った首長がいたことが想定されます。
これらによって当時の階層社会の一端を垣間見ることができます。
 221
筑紫平野の古墳群 首長墓 妙法寺古墳出土
三角縁神獣鏡
御陵古墳群全景
御陵古墳群 妙法寺古墳出土木棺
割竹形木棺
生掛古墳出土埴輪 鳥(鶏)形埴輪
 
 224副葬品
 225銅鏃・鉄鏃 阿志岐古墳群B群26号古墳出土
 226鉄斧・鉄鋸
鉄斧
阿志岐古墳群B群26号
鉄鋸
阿志岐古墳群B群26号
 227大刀
砥石

阿志岐古墳群B群26号
鉄剣
阿志岐古墳群B群26号
 

 230前方後円墳の終焉

 231
5世紀に入ると、特定の人を埋葬する竪穴式石室に変わって、複数の人を順番に埋葬できる横穴式石室をもつ古墳が九州北部に現れます。
これは朝鮮半島から伝わったものと考えられています。
6世紀までにはヤマト政権の仕組みも整い、古墳の形や祭祀を共有する意義が薄れてきました。
こうした理由から。筑紫野市の首長墓は、6世紀初めのものと言われる剣塚古墳を最後に前方後円墳が造られなくなり、
巡り尾Ⅰ遺跡23号墳や五郎山古墳のような大型の円墳に変わっていきます。

前方後円墳の終焉
前方後円墳の終焉 剣塚古墳・日拝塚古墳 大振山古墳・
五郎山古墳の内部
 232副葬品
勾玉・管玉
古墳時代後期
原田地区遺跡9地点6号墳出土
勾玉は水晶製、
管玉は碧玉製の
首飾り
金環
古墳時代 八隈遺跡

銅環を金で包んだ耳飾り
小玉
古墳時代中期
阿志岐古墳群A群3号
ガラス製首飾り 銀環

古墳時代 八隈遺跡

銅環を銀で包んだ耳飾り
 
 240古墳時代の武人
 241
古墳時代、朝鮮半島では高句麗、百済、新羅の間で武力衝突が繰り返されていました。
最新の技術と物資を求める日本は、特に百済と親しい関係にあり、5世紀以降663年に百済が滅亡するまで朝鮮半島の動乱に介入していました。
戦いは、当初弓矢によって遠距離から攻撃し、刀剣で白兵戦を展開したと考えられます。
5世紀以降になると、騎馬による戦闘の比重が大きくなったようです。

白兵戦 騎馬戦
 242武器
鉄鉾
古墳時代後期
原田地区遺跡23号墳
鉄鏃
古墳時代後期
原田地区遺跡
 243頭大刀  古墳時代後期 原田地区遺跡3号墳
 


 250古代

 
 251
古代 (当時は梅)を愛でて一句
蹴鞠

 252大宰府の守り
663年、百済復興の最後の戦いである白村江の海戦で、百済と日本軍は新羅と唐(中国)の連合軍に大敗し、百済は滅亡してしまいます。
そのため日本は直接、軍事的脅威にさらされることになりました。
日本ではこの敗戦から僅か4年の間に、北部九州の防人の派遣と烽(のろし)の設置、水城や大野城、基肄城(きいじょう)をはじめ6ヶ所の山城が作られ、百済からの亡命者の指揮によって防衛体制が強化されました。

大宰府の守り 水城と大宰府全図 大野城と大宰府政庁 大野城と大宰府政庁
 253
大宰府政庁 大野城 水城 大宰府全図 大宰府政庁 大宰府政庁
基肄城(きいじょう) 基肄城周辺

 255大宰府で「都」を思う万葉歌(巻の3)

 太宰少弐斧老朝臣の歌一首
あおによし 寧楽の京師は咲く花の 薫ふがことく今盛りなり(328)
 奈良の都は咲く花の美しく薫るように、今が真っ盛りです。

 防人司佑大洋大伴四綱り歌に種
やすみしし わご大君の敷きませる 国の中には京師し思ほゆ(329)
 我が大君がお治めになる国々の内では、都こそ一番懐かしく思われます。
藤波の 花は盛りになりにけり 平城の京を思ほすや君(330)
 藤なみのはなは盛りになりました。奈良の都のことをお思いなされますか。あなたは。

やすみしし
わご大君の食国は

倭も此処も同じとそ思う
大宰府政庁
大野山霧立ち渡る
わが嘆く
息嘯の風に霧立わたる
ますらおと思える我や
水茎の水城の上に
涙拭はむ
梅の花散らくは何処しかすがに
此の城の山に雪は降りつつ
 

 260条坊制

 261大宰府の条坊制
条坊制の大宰府
 262大宰府瓦
軒丸瓦
古墳時代(白鳳期)
大宰府条坊後第136次
軒丸瓦
奈良時代(天平期)
杉塚廃寺
石帯
石帯 奈良時代
・丸鞆(まるとも)
  杉原廃寺
・巡方(じゅんぽう)
  岡田地区遺跡
皇朝十二銭 奈良時代
大宰府条坊第86次
 263生活陶器
石鍋 (滑石製)
鎌倉時代 岡田遺跡
白磁 (中国陶磁器)
鎌倉時代 西小田遺跡
青磁 小皿
鎌倉時代 西小田遺跡
見込みに鯉の絵が入る龍泉窯系
 

 270各地の文物の通過点

 271
筑紫野市の北にある博多は、古代は、筑紫館、のちの鴻臚館を中心に大宰府の外港として貿易や外港を一手に担っていました。
中世には貿易港としてさらに発展し隆盛を極めます。
この博多と九州内陸部を最も平坦なルートの拠点となる筑紫野市では、国内外から各地の文物が行き交いました。

各地の文物の通過点 国産陶磁器
灰釉・緑釉 (東海産)
緑釉 (近江産)
緑釉 (京都産)
緑釉 (防長産)
中国産陶磁器
白磁(河北省産)
越州窯系青磁
龍泉窯系青磁
長沙窯系青磁
白磁(江南産)
同安窯系青磁
白磁(広東省産)
 272
中国南部陶芸地帯 貿易船(ジャンク船) 国産陶磁器産地 国産灰釉・緑釉産地
 273大陸系陶器
長沙窯 陶器 江南産 白磁 越州窯系 青磁 龍泉窯径 青磁
同安窯 青磁
 275大伴旅人「酒」を讃める歌(巻3)
    (大宰府長官 727~728年頃60差異を過ぎてから大宰府に派遣される)
大伴旅人「酒」を讃める歌(巻3)

 山上憶良「書殿餞酒」の日に歌を作る(巻5)
   (天平2年12月6日 筑前国司 山上憶良 慎みてたてまつる) 歌
 


 280古代から中世の文化

古代から中世にかけての遺跡から、墨で文字などが書かれた土器が発見されています。これを墨書土器と言います。
こうした土器によって、その遺跡のことや当時の社会、生活について詳しく知ることができます。
また、土器以外にも、刀剣や仏像、仏具などの金属製品や、石塔、石碑など石製品、木簡(文字書き木札)などの木製品、そして紙類なども残されています。
 281中世文化
墨書土器 墨書土器 石塔
経筒
銘文土器
 283墨書土器

 285渡来銭
室町時代を中心に、日本は中国から多くの銭を輸入しています。
当時、貨幣による流通条件は成熟していましたが、政府に独自の貨幣を流通させるだけの信用が無かったためだと考えられています。
1975年に韓国の新安沖海底で、中国浙江省寧波(上海市付近)から博多へ向かう途中の沈没船が発見されました。
その積荷に高麗製の青磁や紫檀木などと共に約800万枚の中国銭が見つかっています。
このことからも当時輸入された中国銭がいかに多かったかがわかります。
 286
渡来銭
差し銭
 287
皇宋通宝(1038)
嘉祐通宝(1056)
元豊通宝(1078)
永楽通宝(1408)
 


 300中世

 301瓦質祠
瓦質祠
柚須原観音堂
寛文9年(1669)
寛文九年十二月
平石坊権大僧正□和尚銘

 305待島の合戦 ジオラマ
   (大友が筑紫を攻め、大敗した)
永禄2年(1559)4月2日、筑前国御笠郡侍島(筑紫大野市字下見)における毛利元就方の筑紫惟門と大友義鎮(宗麟)方との合戦。
この戦いで、大友方は総大将の佐藤刑部丞を初めと横岳、犬塚、星野、問注所、草野、田尻の諸将を失い、大敗しました。(『九州治乱記』)。
これをきっかけに、毛利氏は北九州に進出し、豊前・筑前両国を巡って大友氏と10年以上にわたる攻防戦を展開することになりました。
下見には問注所鑑豊の墓や大友方の戦死者を葬ったとされる十三塚、さらに築後塚の地名が 残っています。
 306
侍島の合戦
 


 320近世

 321原田宿関番所
江戸時代長崎街道 原田宿関番所の
役人が着ていた羽織と袴
原田宿関番所
ピンボケ
 323山家宿の御茶屋
御茶屋は、福岡藩内の宿場に置かれた藩主の別邸です。参勤交代の諸大名や長崎奉行、オランダ施設などの宿泊所としても使われました。
建物は明治維新の直後に解体されましたが、文久2(1862)年5月に造られた「御出会達御間取絵図」によって190坪約624㎡ほどの平屋であることが わかります。
文政9(1826)年1月13日、ここに泊まったシーボルトは、「江戸参府紀行」のなかで、天井には上等な杉材、壁には貝殻石灰、襖には金紙が用いられた奇麗な部屋であったと記しています。

山家宿の御茶屋 見取り図


 参勤交代図
この図は、鹿島藩主の鍋島直琳(16歳)が、江戸から郷里へ下るときの様子を描いたものです。安政6年(1859)4月2 日江戸を発ち、5月12日に鹿島へ着きました。石高9万石以下の藩は全体の8割以上を占めており、、この図から標準的な参勤交代の姿をうかがうことができます。

参勤交代図 参勤交代図 参勤交代図
 326参勤交代
諸通執行定め
宿帳か
山家宿御茶屋敷地図 出立の日の朝食 出立の日の朝食
番所役人の手紙 長崎街道の新設
山家番所の設置
 
 330長崎街道
江戸時代、江戸と長崎を結んだ主要な道路のうち、小倉~長崎間を言います。
鎖国体制のもとで、長崎には幕府が直接管理する貿易港がおかれていました。
そのため長崎奉行、オランダ使節、学者、芸術家、商人、および参勤交代の大名など、
様々な人々が往来する九州第一の街道でした。
長さ五十七里一町二十間半(約228km)の街道沿いに25の宿場が置かれ、
なかでも福岡藩内の黒崎・木屋瀬・飯塚・内野・山家・原田は、
「筑前六宿」と呼ばれ栄えました。
 331
長崎街道 長崎街道
曲里の松並木(黒崎宿)
常盤橋(小倉宿)
小倉~轟木 山家~矢上
冷水峠石畳
 国境石(三国境)
 構口(山家宿)
境原~長崎
 長崎全景
 長崎街道の街並み
   (北方宿)
 333『大宰府・博多図屏風』より 斎藤秋圃
 335
 337
 
 340旅の道具
 350年表

 
           




 
  '22.11.21 感謝450,000アクセス
  '22.04.20 感謝440,000アクセス
  '21.09.02 感謝430,000アクセス
  '20.12.29 感謝420,000アクセス
  '20.06.21 感謝410,000アクセス 
  '19.10.06 感謝400,000アクセス 
  '19.02.05 感謝390,000アクセス
  '18.06.18 感謝380,000アクセス
  '17.08.26 感謝370,000アクセス
  '16.10.23 感謝360,000アクセス
  '16.01.29 感謝350,000アクセス
  '15.02.07 感謝340,000アクセス
  '14.01.19 感謝330,000アクセス